オーガニックコーヒー専門店

有機無農薬・フェアトレードコーヒー専門店、自家焙煎のお店

HOME
こだわり
ご購入
お問い合わせ
HOME > こだわり
有機コーヒー


有機コーヒ豆の専門店

今では有機コーヒー豆も、スーパーや小売店などで普通に売られるようになってきました。 とても喜ばしいことですが、しかし課題も有るのです。
オーガニックの認定を受けたコーヒー豆でも、普通に焙煎していたのでは、 JAS認定の有機コーヒー豆としては売ることはできません。 有機栽培されたコーヒー豆を、他の一般の豆が混じらないよう、 有機コーヒー豆だけを焙煎する設備を有し、 農林水産省の認定を受けた、有機認定工場で焙煎した豆のみが、 有機JAS認証の有機コーヒー豆として販売することができるのです。
有機豆 + 有機認定工場

コーヒー豆の鮮度も問題です。
大手のコーヒー会社のコーヒー豆を揃えているスーパーや小売店には、 賞味期限が長く設定されて売られているのが実情です。 それは、コーヒー豆は乾物として取り扱われており、 また安定した供給を実現するために必要なことではありますが、 逆にその鮮度に関しては、重要視されない現実があります。
コーヒー豆の鮮度にこだわっています。
大手の流通に乗らない小規模焙煎店だから、 欲しい量を、欲しい時にお届けすることができる、 有機コーヒー豆専門の焙煎・販売店なのです。

オーガニック認証、フェアトレード認証

フェアトレード認定証書 オーガニック(有機栽培)とは、化学肥料や農薬にたよらずに農作物を育てる栽培方法で、 持続可能な人と地球に優しい栽培方法です。 農林水産省が定める有機JAS規格に適合した商品には「有機JASマーク」の添付が許可されます。 ポップコーヒーズのすべてのコーヒー豆には有機JASマークが付いています。

フェアトレードとは、私たちの日常生活を支えている輸入品の多くを作っている発展途上国の生産者と、 安定かつ持続可能な取引をすることで、生産地の環境を守り、彼らの生活をサポートする貿易の仕組みです。 フェアトレードの基準が守られていることを保証する国際規格として、 基準を満たす商品にはフェアトレードラベルの添付が許可されます。 ポップコーヒーズは、フェアトレードコーヒの販売ライセンスを取得し、その普及に務めています。

 >> 農林水産省 有機食品の検査認証制度

ロースティングポリシー(有害なタール分を可能な限り除去した焙煎方法)

ディードリッヒ焙煎機 世界最大のコーヒー消費国アメリカでトップシェアを誇る、 理想的な焙煎を実現するディードリッヒ社の焙煎機を使用し、 遠赤外線によるクリーンな熱源と、伝導率の高いハイカーボンスチールを採用した焙煎ドラムで、豆を焦がさず、 芯までふっくらと焼き上げます。 また、常に新鮮な空気を取り入れながら焙煎することで、 煙に含まれる有害なタールの豆への付着を防ぐ焙煎方法も特徴の一つです。
焙煎豆の直売及び出荷は焙煎後1週間以内のものとし、新鮮なコーヒーが持つ香りや味を最大限にお手元にお届けします

有機焙煎によるフレッシュなコーヒー豆

フレッシュなコーヒー豆 ポップコーヒーズでは、農林水産省の規定に従った業者にのみ与えられる、 「有機加工食品の製造業者」の認定を受けています。 これは、オーガニックコーヒー豆専用の焙煎製造ラインを有し、 他の豆が混入することのない有機のみの豆であることを保証しているものです。
全国的にみても、「有機加工食品の製造業者」の認定をうけているコーヒー焙煎業者は少なく、 焙煎直後の発送を実現し、鮮度を確保することのできる自社焙煎工場は数社しかありません。

新鮮さを維持する特殊アロマバルブ装填

特殊アロマバルブ お届けするコーヒー豆は、全て特殊バルブを施した袋に詰めて発送しています。 この袋には「特殊アロマバルブ」が装填されており、 焙煎直後の豆から発生する炭酸ガスをワンウェイ方式の弁が適度に放出します。 この特殊機能により、外気を遮断しコーヒーの酸化劣化を防く働きと同時に、 袋の破裂を防ぐ働きをしています。


オーガニックコーヒー豆の自社焙煎工場
(有機豆 + 有機焙煎) = ポップコーヒーズ
オーガニックのコーヒーを、本当に美味しく飲んでいただくために努力を惜しみません。
オーガニックコーヒー豆の輸入、焙煎、販売の専門店として、自信を持ってお薦めいたします。

ショッピングサイト
ストレート豆、ブレンド豆などを、ご購入いただけます。
有機コーヒー豆のご購入



Copyright(C) 2010-2015 オーガニックコーヒー専門店 All Rights Reserved.